るんるんるーんっ♪いちごいちご♪猫

てなわけで今回の旅する気分はまずはいちごとりにいってきましたっハート

いちご畑MIURAさんっぴかぴか (新しい)わーい (嬉しい顔)

イチゴってもっと遅いシーズンなイメージだったけどいまもう食べごろだそうです。

沢山並ぶイチゴさんがかわいくて・・・

お仕事だったけどついついつまんじゃいました猫2あせあせ (飛び散る汗)

っていうのも!!

MIURAさんのいちごは本当に大きくて甘くておいしいの!!

このロケのあとに関東でいちご狩りしたんだけどぜんぜん甘みがちがっていて・・・

なんでも、東北は寒い地方だからこそビニールハウスの中の昼の温度と夜の温度の寒暖差が激しいらしくて。

だからあま~~くリボンなるんだってうれしい顔

はぁ・・・もう一度たべたいなぁ・・・笑

並ぶイチゴさんたちは赤い宝石みたいで、いっこいっことてもかわいかったです。

露をたずさえたはっぱさんもわーい (嬉しい顔)ハートたち (複数ハート)

農場のかたがたもなんだか田舎のお家のようですごくやさしくて、ほっこりしました。

わざわざサインまでもらっていただいて。。。

もしMIURAさんに行くことがあったらぜひサインちぇっくしてくださったら嬉しいです猫

そしてこのおいしいイチゴたべてほしいなぁハート

イチゴをたべておなかいっぱいになったあとはっ♪

細倉マインパークに砂金をとりにいってきましたぁぁ手 (チョキ)

マインぼうやがお出迎えしてくれます。まさに洞窟とゆーかダンジョンのような入り口に思わずどきどき!!

中にはいってみるとすこしひんやりとした空気になります。鍾乳洞と同じで、冬でも夏でも温度は一定して15~18度だそう。

まずはこうして、細倉鉱山の1200年もの歴史や当時の作業の様子を実際に鉱山のなかに展示してある姿をみていきます。

神秘的なこの洞窟はたくさんの人の努力によってつくられたもの・・・

一番深い層はなんと東京タワーより深いそうです!!

すごいなぁ・・・そんな地底深くでの作業は危険との隣り合わせだったと思いますが、

一度その世界を体験してみたいなぁ・・・猫

こうしてこの道も人の手でつくられたものなんてすごいですよね><

自然の険しさとそしてそこで闘っていた人の熱がまだのこっているような気が、ふとしました。

そして進んでいくとこんどは宇宙のゾーンに突入します。

「ふりむいた友達の顔をみて!!あなたはだぁ~れ。宇宙人。」

・・・冷や汗2 (顔)ふ、ふかいぜっマイン坊や!!

ここからは宇宙の創生から人類の未来までを洞窟の空間を使って展示されていきます。

なかでもすきなのは

宇宙のコーナーでした。壁面がきらきらとしていてまるでプラネタリウムのよう!!

ひとつひとつ洞窟の空間をうまくつかって違う部屋にはいるたびにまた違う空間のようですごく面白かったです^^

そして最後に!!砂金とりに初ちゃれんじーー!!

うっへへ。とるぜとるぜ~い!!

・・・と意気込んでみたものも。。。OAをみるとわかるとおり、ぜんぜんとれませんでした失恋

意外と難しいのかなと思いきや、小さい子でも3個くらいはとれるそぉな。。。

わたしっていったい。もうやだ〜 (悲しい顔)笑。

でも一生懸命さがしているだけでも楽しかったしお母さんが半分にわけてくれたので♪

今度は絶対100個くらいはみつけてやる~~~~ぷっくっくな顔指でOK

そういえば、これいいなって思ったけどこの鉱山のなかはさっきも書いたように温度も一定だし湿度も年を通して一定なんだって。

それを活かして天然の酒蔵があるそうですっワイングラス

1本500円で3年間あずけることができて、気軽に古酒をたのしむことができるそうな。

お酒はそこまでのめないんだけど、これは絶対おいしくなりそうぉだなとおもいましたうれしい顔ハートたち (複数ハート)

細倉マインパークさん0228553215までお問い合わせしてみてってかいてありました。

よかったらぜひぜひあそびにいってみてねるんるん (音符)目がハート (顔)

本当はくりはら田園鉄道があるときにいってみたかったなぁ・・・

実はここ、マインパーク前が終点だったのです。

鉄道ずきのかたはいったことあるかたもしれませんね??

ここまで鉄道できていたらどんなかんじだったのかな。。。と、帰り道駅にむかう車にのりながらふと思ったのでした♪♪

・・・にしてもイチゴに砂金に、いっぱいゲットできて大満足なのでした猫ハート

ほにゃまたねわーい (嬉しい顔)ぴかぴか (新しい)


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>