さてはて今回は・・・!

じゃじゃーん!!またまた、東京駅にいってきましたー!!今回はお母さんも一緒です♪

何度みてもこの東京駅のモダンなかんじたまらないですよね。

都会のビルのなかにどっしりとたつ風格のある東京駅・・・そこだけまさに大正モダンの風格があります、

新しい風とふるい色が同居する街、東京。

今回はまさにその二つの魅力を堪能してきたよ~わーい (嬉しい顔)ハートたち (複数ハート)

まずは、新しい商業施設『KITTE』にいってきましたぁ~♪

KITTE、はじめていったんだけれど明るくておしゃれなモダンな建物に沢山のお店。

みているだけで目移りしちゃいましたリボン

そしてなによりお気に入りは・・・

この屋上!!

まさに都会のオアシス晴れのような緑と花たちに囲まれたこのスペースでのんびりと・・・

そうなんです。ここからは東京駅のホームの様子が一望できちゃうんですっわーい (嬉しい顔)ぴかぴか (新しい)

行きかう列車をみているだけであっという間に時間がすぎちゃいました・・・揺れるハート

ちなみにこれはジオラマモードで撮った写真。。。

まるで模型みたいですよね揺れるハート本当にこんな感じで、Nゲージみたいでした猫

そしてもひとつおすすめスポットは・・・この、旧東京中央郵便局長室。。。

実はこのKITTEは約80年ほどまえにたてられた東京中央郵便局の局舎を一部復元・保存したものと新築の部分で構成されているらしく。

この旧局長室は創建当時の柱や床の板をつかって復元されているものなんだって。

すべてが新しく、おしゃれなKITTEのなかでひっそりとでも凛とたたずむこの局長室。

なんだかここだけタイムスリップしたみたいでした。この窓からみえる東京駅はどうかわってきたのかなぁ・・・?るんるん (音符)

それから、今度は駅のすぐそばの東京ステーションホテルにいきましたぁリボン

なんとこちら、宿泊しなくてもツアーで館内を案内してもらえることができるのですっ!!手 (チョキ)

なんといっても高級なホテル・・・入場するだけでどきどきでしたがあせあせ (飛び散る汗)

中の雰囲気もすっごくすてきで・・・

はすはす・・・

こちらのほうはガイドさんが様々な歴史を解説しながらたのしーく案内してくれちゃいます。

沢山の文豪に愛され、ここから数々の名作がうまれたこのホテル・・・

お部屋にあるメモ用紙も。

このように原稿用紙みたいになっていたり。

丸の内駅舎天井のこのドームも、こんなに間近にみることができたり。

再建するとき、資料が本当にすくないなか、忠実に忠実にもとの駅舎を復元できるようにすごく苦労したんですって。

そのかいもあって、きれいで清潔ななかにも古きよきといった上品さのあるレリーフそしてお部屋になっているなぁと思いましたほっとした顔

この廊下の窓から駅舎の様子がみれます。しっかりと防音されているので駅の騒がしさはきこえず、おちついた空間のなかで、下からみあげただけじゃみれないようなレリーフの細部までみることができます。

じつはここに十二支がいること、みなさまご存知でしたか??

ね?へびさん!!下からじゃわからないのですがこんなにしっかりと作りこまれているのですよ~♪

お部屋もすごくすごくすてきで・・・

はぁ・・・こんなお部屋にすみたい・・・笑”

とっても素敵なお部屋で自分のおうちに帰るのがいやになっちゃいそう*笑

そしてじゃじゃーーん!!!

これがなにゃんとスイートルームですハート

こんなに椅子が沢山あるのに二人用のお部屋という。笑。

こちらがリビングになってましてウォークインクローゼットに寝室にさらにお部屋があるのです。

至上最強のぜいたくですよね猫2黒ハート

いつか宝くじあてたらとまりに行ってみたいなぁ。。。♪

ガイドさんがとても面白くて、そして何よりこのホテルで働いていることに誇りをもっているんだなとすごく感じました。

『このステーションホテルは使われ続ける重要文化財』そう笑顔で語っているガイドさんの姿に、このホテルのもっているぬくもりの答えを見つけたような気がしました。

そして私も自然とすきになっちゃいました♪目がハート (顔)

古いものをこわしていき、新しいものを作っていく。それはそれで正解かもしれませんが・・・それでも古くからある姿を大切にし、その想いを受け継いでいく。

そんな想いが、この、沢山の人たちが訪れそして旅立っていくこの東京駅には、いきづいているのかもしれません。。。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>